コネクテッドワーカーとは

現場作業の複雑化、高齢化による就労人口減少、熟練工の大量定年退職、COVID-19による遠隔支援の必要性、、、あらゆる業界で喫緊の課題となっている、「現場稼働率の維持・向上」と「営業機会損失の解消」を同時に行う現場DXの為のソリューションです。

「現場の作業員が、負荷なく、いつでもインターネットに繋がる」ことで、

  • 現場作業のリアルタイム遠隔支援
  • 熟練工スキルのデジタル化による技能伝承
  • 非コア業務(事務作業等)削減による効率化

 などを実現し、業務フロー全体のデジタル化を支援致します。

▼もっと詳しく▼
connected worker solution overview

あらゆる現場で「熟練工AI」を生み出します。

もっと詳しく
もっと詳しく
もっと詳しく
もっと詳しく

▶︎コネクテッドワーカーソリューション
PoCパック

本格導入に向けて、簡単スタート。PoC(実証実験)にまず必要な機能をまとめました。 遠隔作業支援に加えて、「本格的な現場DXに向けどのようなロードマップを策定すべきかを検討する」のに最適なパッケージです。

現場作業者はTHINKLETを身につけるだけで、新たな操作習得は不要です。支援拠点側が、現場からの動画配信をPCやスマホから遠隔で起動することが可能です。スピーディーに現場と本部とを「音声と映像」でつなぎ現場を支援することができます。

<建設現場>を把握する。

現場監督の遠隔化と、職人一人一人の作業とスキルを可視化することで正確な工程管理を可能にし、位置情報とセンサーによる安全な職場を実現します。

<メンテナンス業務>が見渡せる。

THINKLET®️を用いることで、作業効率向上を提供しながら、データを収集・学習したのちに、学習したデータをもとにAIを構築することが可能となります。

<プラント操業>が見通せる。

通常のページャによる制御室・現場間連携を高度化しつつ、ヒトに関する非定形データを収集し学習データとすることで、最終的に作業支援AIを実現する。

<自動車整備>が高度化する。

遠隔支援によって得た知見による電気自動車・自動運転車対応や、

自動車関連施設の簡易整備工場化、効率化による創出リソースの外販化などを実現。

Illustrated by Teppei Anzai

▶︎コネクテッドワーカーソリューション
本格導入

「THINKLET®️プラットフォーム」をご活用頂くことで、コネクテッドワーカーソリューションの現場導入を迅速に行うことが可能です。お客様の現場DXに関するご方針をお伺いし、業界特徴に適したDXソリューションとして機能構築・運用をさせて頂きます。

ハードウェアTHINKLET®️の主な特徴


  • 手を塞がず、作業者の負担にならない、人間工学に基づいた軽量の首掛け型デザイン。
  • 5個のマイクを搭載し、装着者の音声だけでなく 対面者の音声も同時に収録が可能。
  • 音声処理AI「mimi® XFE」を搭載し、騒音環境下でもクリアな音声収録が可能。
  • 800万画素の広角カメラを搭載し、クリアで精細な作業時の映像収録が可能。
  • Wi-Fiおよび4G LTEを搭載し、本体のみで常時クラウドに接続。リアルタイムにデータの収集、確認が可能。
  • USB Type-C端子を搭載し、スマートグラスやウェアラブルセンサーなど外部機器との連携が可能。
  •  IP54の防水防塵性能で、雨の中でも利用が可能。

THINKLET®️プラットフォームの構成

THINKLET®️プラットフォームはワークオーダ管理、帳票作成、ビデオ遠隔支援、自動翻訳などの業務支援アプリケーションと日次作業記録、装置・保全関連などのデータ収集アプリケーションを組み合わせることで、迅速なデジタルトランスフォーメーションを実現します。特にこれまでDX化が困難だった「現場騒音環境下での業務」や、「Wi-Fi通信が困難な現場での業務データ収集」を強力にサポートします。

最新のコネクテッドワーカー関連ニュース


CONTACT

お問い合わせ
お見積もり・デモのご依頼
ご相談・お問い合わせはお気軽に!


■本サイトに記載の製品名は商標または登録商標です。
■一部の写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の使用状態を示すものではありません。■一部の写真は合成・イメージです。
トップへ